【Apple】Air Pods Proの感想・レビュー【結論はリモートワークでおすすめのイヤホンです】

こんにちは、Gucci(@Gucci_blog)です。

Gucci

Air Pods Proを購入しましたが、評判通りの優等生イヤホンでした。

Apple Air Pods Proの感想

  1. ノイズキャンセリングの静粛性が異次元の良さ
  2. ユーザビリティ(使い心地)抜群(iPhoneとの併用で更に増大)
  3. 遅延、音飛びは基本的に無い(一部例外あり)
  4. 3種類のイヤーチップが用意されていて、装着しやすい
  5. 音質は普通

上記の通り、音質を除きイヤホンとしての機能性は異次元と評したいほど素晴らしい完成度です。

今回は、Apple AirPods Proの特徴や使い心地をレビューします。

目次

Apple Air Pods Proのレビュー

出所「Apple HP

結論としては、文句無しの最強イヤホンです。

もっと早く購入しておけば良かったと後悔するほど、素晴らしい完成度でした。

Apple Air Pods Proが素晴らしい理由

下記の通りです。

  1. ノイズキャンセリングの静粛性が異次元の良さ
  2. ユーザビリティ(使い心地)抜群(iPhoneとの併用時)
  3. 遅延、音飛びは基本的に無い(一部例外あり)
  4. 3種類のイヤーチップが用意されていて、装着しやすい

上記の通りで、僕は自信を持って「Apple AirPods Pro」をおすすめします。

それでは、一つずつポイントを解説していきます。

ノイズキャンセリングの静粛性が異次元の良さ

出所「Apple HP

こちらのイヤホンの代名詞とも言える機能ですね。

Air Pods Proのノイズキャンセリング機能の仕組みは簡単に説明すると下記の通りです。

周囲のノイズを検知→その雑音と釣り合う音を生成→ユーザーが聞く前にノイズを消し去る

つまり、雑音を音で掻き消してくれているということですね。

Gucci

初めてこの機能を使用した際、静寂性に感激しました!

僕は自宅でリモートワーク中にこちらのイヤホンをつけて仕事をしていますが、周囲の音は自分がキーボードを叩く音が薄っすら聞こえるのみなので、パソコン作業により集中できるようになりました。

上記は音楽やラジオなどを聞いているほか、無音状態(=何も流していない状態)でも同様です。

ユーザビリティ(使い心地)抜群(iPhoneとの併用時)

Air Pods Proの使い心地で最高の点は、ケースからこのイヤホンを取り出したら、自動でBluetoothが接続されるところ。

Gucci

一度iPhoneとAir Pods Proをペアリングしてしまえば、その後はいちいちBluetooth接続・解除する作業は一切不要です。

音楽再生中に片方のAir Pods Proを耳から外せば、自動で再生をストップ+ノイキャン解除してくれるのもポイント。買い物時の店員さんとのちょっとした会話が必要な時等に役立つ便利機能です。

Air Pods Proの便利機能
  • AirPodsをケース出し入れによるBluetooth自動接続と自動切断
  • AirPodsの脱着による自動停止と自動再生
  • ハンズフリー通話機能

加えて、右耳用のAir Pods Proのイヤホン軸部分を下記の要領でつまむだけで、細かな操作ができるのも非常に便利です。

Air Pods Proのイヤホン軸操作方法
  • 1回押して再生、一時停止、電話に応答
  • 2回押して次の曲にスキップ
  • 3回押して前の曲にスキップ
  • 長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え

遅延、音飛びは基本的に無い(一部例外あり)

音飛びは、日常生活の中で殆ど気にならないレベルです。

Gucci

人混みの中でもゼロに近しいです。Bluetoothイヤホンでこれだけの性能であれば十分ですね。

例外としては、自宅の電子レンジ使用中は間違いなく音飛びしてしまいます。

これはBluetoothと電子レンジが使用している周波数が2.4GHzを使っているため、電波障害が発生してしまうことが原因。

電子レンジ使用中はプツプツを音が途切れてしまうので、一度ペアリングを外すか、我慢強く辛抱する他ありません。

3種類のイヤーチップが用意されていて、装着しやすい

出所「Apple HP

Apple AirPods Proは、シリコーン製の3つのサイズのイヤーチップが同梱されています。

大・中・小のバラエティから自分の耳に適したサイズを選択できる他、世界中の誰がつけても快適に装着できるよう設計されているので、長時間装着していても不快に感じることはありません。

補足①:運動をする時もApple Air Pods Proは最高のパートナーとなる

Air Pods Proには、耐水耐汗性能が備わっているので、スポーツ時にも勿論活躍します。

IEC規格60529に基づくIPX4等級に相当する耐水性能なので、「運動中の汗」や「雨」ならOK。水中に入れてしまうと故障の原因になる様です。

ランニングや筋トレをする人に特におすすめです。

普段からランニングをする僕は、周囲の音を確認可能な外部音取り込みモードでこのイヤホンをヘビロテしています。

補足②:音質は普通です。

高音領域の伸びと低音領域の深みを感じられず、全体的に平板という印象です。

あくまでAir Pods Proはノイズキャンセリング機能とユーザビリティに注力しており、そこに価値を感じる方が購入するイヤホンだと思います。

高音質のワイヤレスイヤホンをお求めの方は、下記を検討にしてみると良いでしょう。

ノイキャン機能が不要であれば、Apple Air PodsでもOK

Air Pods ProはAir Podsの上位グレードとなりますが、大きな違いはアクティブノイズキャンセリング機能・外部音取り込むモードの有無です。

僕個人としては、上記機能の恩恵をテレワーク時に強く感じているので、「Proを買っておいて良かった!」と感じますが、上記が不要であれば、使い心地はProと殆ど変わらないAirPodsでも十分だと思います。

両者の値段差は約10,000程です。余裕があるのであれば、Air Pods Proを選択するようにしましょう。

Apple Air Pods Proのレビューまとめ

要点まとめ
  • ノイズキャンセリング機能とユーザビリティが異次元の素晴らしさで仕事が捗る
  • 基本はProを選択すれば間違いないが、ノイキャン機能が不要であれば、無印でもOK
  • 音質は普通なので、左記にこだわりたい方には向いていないかも



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる