【パラブーツ】夏の定番グルカサンダル『パシフィック』の特徴やサイズ感、コーデをレビュー

こんにちは、Gucci( men_in_fashion_blog)です。

今回はパラブーツのグルカサンダル、パシフィックをご紹介します。

そもそも、海で履くビーチサンダルではなく、アウトドアサンダルでもない場合、大人のメンズが安心して街履きできるサンダルは正直少ない印象です。

そんな中、「革素材」×「上品な見た目」とくれば、もはや街履きサンダルはグルカサンダル一択と思えてくるレベルです。

Gucci

パラブーツらしく履き心地も抜群で夏のヘビロテ必至アイテムなんです!

この記事では、パラブーツのグルカサンダル『パシフィック』のディティールやサイズ感、コーデをレビューしていきます。

この記事はこんな人におすすめ
  1. パラブーツ パシフィック の特徴は?
  2. パラブーツ パシフィック のサイズ感を知りたい
  3. パラブーツ パシフィック のコーデが見たい
目次

パラブーツとは

Paraboot

リシャールポンヴェール氏が、1908年にアルプス山脈の麓にある小さな村「Izeaux(イゾー)」で設立した靴工房を起源とする、フランス屈指の高級革靴メーカーです。

Gucci

ブランド名は、アウトソールの原料となる天然ラテックス(ラバー材)をブラジルのパラ港から仕入れたことに由来します。

設立から現在に至るまでMADE IN FRANCEを徹底しており、同国内のファクトリーで気の遠くなる程の膨大な工程を経て作り上げるシューズは圧倒的なクオリティ。

使用する材料も70%以上がフランス製というこだわりで、本物を愛する人から高い支持を受けています。

パラブーツ グルカサンダルの『パシフィック』とは

Paraboot

グルカサンダルは、アッパーがレザーの編み込みになっているのが特徴のサンダルです。

通気性を確保しつつ、上品さを保った優れたデザインのこちらのサンダルは、19世紀にイギリス軍のネパール山岳部隊であるグルカ兵が履いていた軍靴が起源です。

Gucci

余談ですが、グルカといえば独特のデザインが魅力のグルカショーツも有名です。下記の記事で魅力を語っているのでチェックしてみてください。

Paraboot

パシフィックはパラブーツのグルカサンダルとして、同社の独自技術をふんだんに使用しています。

油分を多く含んだ独自素材「リスレザー」の採用や、「天然ラテックス」を使用したラバーソールなど、高品質で堅牢なパラブーツの革靴の特徴をきちんと備えたアイテムです。

価格は2022年10月現在で¥39,600(税込)と少々高めですが、使用されている革の量も多く、使用するシーズンも限定されるので、長く愛用できると考えれば納得の価格設定だと思います。

パラブーツ パシフィックのレビュー

では、手持ちのパラブーツ パシフィック(Noir)を使って、デザインや機能面からレビューしていきます。

見た目が上品で街履きに最適

まずはなんといっても、サンダルなのに見た目が上品で、大人のメンズが街履きしても野暮ったくならないところが気に入っています。

Gucci

大人のメンズであれば、夏であっても周りの目やTPOに気を配りたいですからね。

その秘密は、アッパーの面積が広く、足全体を広範囲で覆うことでシューズライクに見えるから。

特に厚みのあるリスレザーは、ふっくらと高級感があって柔らかい印象になるため、より落ち着いた雰囲気となります。

経年変化を楽しみながら長く履ける

アッパーには、得意上質な天然皮革を使用しているので、革靴のような経年変化を楽しめます。

パシフィックには、革の中でも”最高級”とされる生後6か月以内のカーフレザーに対して、通常よりもオイルを多く含ませた独自レザー「リスレザー(Lisse Leather)」を使用しています。

「フランスの宝石」とも称されるほど美しい光沢感と滑らかな肌触りのほか、オイルをたっぷりと染み込ませたカーフは優れた防水性・耐久性を持つのです。

Gucci

サンダルは消耗品的な扱いを受けたりしますが、パシフィックはきちんとメンテナスすれば5~10年履けるので、愛着も自然と湧いて来ます。

通常のカーフレザーと比べて耐水性に強いですが、水に塗れるとアッパーに染みができたりするので雨の日は注意が必要です。

心地よいホールド感

パシフィックのアッパーは、革靴のように足全体を包み込むように構成されているので安定感があります。

さらに、サイドストラップ仕様なので、サイズを細かく調節できるのも嬉しいポイントです。

Gucci

これらによって歩くときかかともカパカパしにくいので、安心感があります。

ホールドが強い分、硬めのリスレザーの履き始めは痛いことがあるので、最初は靴下を履いて革を馴染ませる作業が必要になります。

パラブーツの十八番!歩きやすいアウトソール

これはパラブーツのサンダルすべてにいえることですが、「天然ラテックス」を使用したラバーソールを使用しているので、しっかりとした反発力があってスニーカーに引けを取らない抜群の履き心地です。

パラブーツは自社でソール製造まで手掛けている、きわめて稀なシューズブランドです。

加えて、深めのヒールカップ、土踏まずの盛り上がったアーチが設計され、足との接地面積を拡大させることで、密着感が生まれます。

Gucci

サンダルでありながらも歩行が安定するので、パシフィックの履き心地に定評があるのも納得です。

パラブーツ パシフィックのサイズ感

気になるパラブーツ パシフィックのサイズ感ですが、一般的なスニーカーよりも大きめに作られているため注意が必要です。

サイズ表

まずはパシフィックのサイズ表がこちら。

UKサイズJPサイズ
3925.5cm-26cm
4026cm-26.5cm
4126.5cm-27cm
4227cm-27.5cm
4327.5cm-28cm

サイズ感

僕のスニーカーサイズ(ニューバランス)28cmですが、パシフィックはUK8(26.5cm)でジャストサイズです。

Gucci

パラブーツのUチップ「シャンボード」も同様にUK8(26.5cm)でジャストでした。

前述の通り、パシフィックは大きめに作られているため、普段履かれているスニーカーのサイズより、ワンサイズ or ハーフサイズ小さいサイズを選択することをおすすめします。

パラブーツ パシフィックのコーデ

では、パラブーツ パシフィックを使ったメンズコーデについて紹介していきます。

上品なリスレザーを使用したドレッシーな雰囲気を持たせつつ、足元に適度なヌケ感も持ち合わせているので、サンダルでありながら活躍の幅が広いです。

Gucci

靴下とあわせれば、真冬以外はオールシーズン活躍します!

パシフィック×デニムのコーデ

パシフィック×カーゴパンツのコーデ

パシフィック×チノパンのコーデ

パシフィック×スラックスのコーデ

パラブーツ パシフィックのレビューまとめ

要点まとめ
  1. パシフィックは、大人のメンズが安心して履けるサンダルの新定番
  2. サイズ選びは、いつもよりワンサイズ大きめを選択する
  3. 靴下を合わせれば真冬以外のシーズンで対応可能なポテンシャル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次