【ハミルトン】ミリタリーウォッチの名作「カーキ フィールド」の特徴や魅力をレビュー

こんにちは、Gucci(@Gucci_blog)です。

アメリカ名門ウォッチメーカーとして名高い「ハミルトン」の定番、「カーキ フィールド」をレビューします。

第二次世界大戦でも使用された本格ミリタリーウォッチながら、大人好みのシンプルなデザインと軽量で使い勝手がよく、ビジネス〜カジュアルまで幅広いシーンに対応できる一本。

Gucci

お値段も10万円を切るお手軽な価格も相まって、本格時計の入門としてもとっても人気です。

今回は、ハミルトン「カーキ フィールド」の特徴や魅力、サイズ感などをレビューしていきます。

目次

ハミルトンとは

HAMILTON

ハミルトンは、1892年にアメリカにて創業した世界的な老舗時計ブランドです。

革新的でアイコニックなハミルトンの時計は、高い機能性とスイスメイドのムーブメントを搭載した自動巻き・手巻きから、クォーツウォッチまで幅広く展開しています。

1974年以降はスウォッチ・グループに加わり、2003年に本社および、製造拠点をスイスに移転。

Gucci

ハミルトンの時計にはスイスの熟練した職人たちの手で作り上げられます。

映画とも深いつながりを持ち、ミュージカル映画『ブルー・ハワイ』に主演した世界的大スター、エルヴィス・プレスリーの腕元をベンチュラが飾った他、最近のヒット作を含む500本以上の映画に登場しています。

型にはまらない画期的な機構やデザインを備えた時計を送り出すハミルトンだからこそ、世界中の時計愛好家から映画業界に至るまで高く評価されているんですね。

ハミルトン「カーキ」とは

まずは今回紹介するカーキの概要を紹介していきます。

軍用腕時計にルーツを持つ、ハミルトンの定番

第二次世界大戦中、アメリカ軍に採用されていた時計にルーツを持つ「カーキ」は、ミリタリーウォッチの代表格として認知されています。

Gucci

腕時計にこだわりがある方なら、一度は手にとったことがある名品ではないでしょうか。

「カーキ」のデザインは、ミリタリーにルーツを持つだけあって機能性・耐久性が抜群。

陸軍・海軍・空軍でそれぞれのシチュエーションで必要とされる機能を搭載した、個性的なモデルを数多く有しています。

メンズファッションとの相性も上々で、タウンユースではその幅広いシーンに対応可能な優等生で愛好家が多いことも頷けます。

「カーキ」の定番3モデルを紹介

「カーキ」は、フィールド(陸)、ネイビー(海)、アヴィエーション(空)、の3つの種類にカテゴライズされています。

まずはそれぞれの定番ともいえる代表的なモデルを見ていきましょう。

カーキフィールド

「カーキ フィールド メカ」

「カーキ フィールド」は、第二次世界大戦でアメリカ軍が使用した、通称“ハックウォッチ”を原点としたシンプルなフォルムのフィールドウォッチです。

Gucci

オリジナルに近いモデルが気になるなら手巻きモデルをオススメします!

ムーブメントは薄い分厚さも1cmを切っており、休日時計としては無類の活躍を見せてくれるはずです。

カーキネイビー

 「カーキ ネイビー スキューバ オート」

ハミルトンのダイバーズ ウォッチおよび水中での計時機器が、カーキネイビーです。

その名の通り、アメリカ海軍や、そのうちの特殊潜水部隊、通称“フロッグマン”のために開発された潜水時計に着想を得た本格時計です。

夜光表示やハミルトンらしい力強い表情を備えたこれらのウォッチは、陸上でも水中でもあらゆるシーンで活躍します。

Gucci

夏はTシャツ一枚でこの「カーキ ネイビー」をつけるだけでキマる存在感が魅力の一本です。

カーキアヴィエーション

「カーキ アビエーション パイオニア オートマティック」

航空業界に計器を提供してきたハミルトンの技術と伝統に裏付けされたアビエーターウォッチが、「カーキアヴィエーション」。

写真の1970年代に英国空軍に採用された航空時計がモチーフ、男心をクスグル一本です。

Gucci

引き締まった印象の黒文字盤が特徴的で、オン・オフ問わずに着用できるオールラウンダーとして活躍してくれるでしょう。

ハミルトン「カーキフィールド」の概要

僕が所有する「カーキ フィールド」の概要は下記の通りです。

詳細は、この後のレビューで紹介していきます。

ブランドHAMILTON(ハミルトン)
型番H69439931
ケースの形状円形
風防素材ファイアクリスタル
表示タイプアナログ
ケース素材ステンレス鋼
ケース直径・幅38 millimeters
ケース厚9.5 millimeters
文字盤カラーブラック
カレンダー機能なし
ムーブメント機械式手巻き
耐水圧50 m

ハミルトン「カーキ フィールド」のレビュー

それでは、ハミルトン「カーキ フィールド」のディティールやお気に入りのポイントを中心にレビューしていきます。

シンプルで飽きのこないデザイン

36mmのツヤ消しステンレススチールケースの3針表示で非常にシンプルなた佇まい。

経年変化を感じる風合いの針にダークカラーのダイヤル、蛍光塗料があしらわれたインデックス、アラビア数字の書体も真っ黒過ぎない文字盤も全てに愛着がわいてきます。

Gucci

「カーキ フィールド」はミリタリールーツを原点とした機能美を肌に感じる一品なのです。

手巻きデイトなし(=休日使用に最適)

手巻き時計というと1日〜2日の感覚でリューズを回さないと止まってしまいます。

ただし、こちらの「カーキ フィールド」は、日付を表示するデイト機能がないため、時刻を調整する際に日付を合わせて調整する必要がありません。

上記の性質から、休日のみ使用したい方にとっては、止まった時刻のみを調整すればOKなので大きな手間はかかりません。

Gucci

むしろ、止まった時計のリューズを手で巻いて、使いこむことにこの時計の魅力・味わいがあるのではないでしょうか。

軽量で使いやすい

「カーキ フィールド メカ」の重量は手持ちのベルトと合わせて、41g。

Gucci

大げさな重量ではないので、普段使いにもってこいの一本です。

軍用ウォッチの系譜にある時計というだけあって軽量かつ、視認性も良好で実用性をしっかりと抑えています。

ベルトを手軽に交換可能なため、様々なシーンに対応可能

「カーキ フィールド」に対応するベルト(ストラップ)であれば、特に道具を必要とせず気軽に交換することが可能です。

Gucci

僕の場合は、カーキ、ベージュ・グレーの3色のベルトをその日の気分に合わせて使っています。

ベルトの色を交換するだけで時計自体の印象を大きく変えることができます。

カーキの場合、タウンユース・カジュアルスタイルに特に相性が良いと言われていますが、ネイビーやグレー色のベルトに交換すれば、ビジネススタイルにも対応可能です。

ハミルトン「カーキ フィールド」のレビューまとめ

要点まとめ
  • ミリタリーウォッチを原点とした機能美が魅力
  • 手巻き×デイトなしのため、休日使いにもオススメ
  • ベルト交換によって、タウンユース〜ビジネスまで幅広く対応できる
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる